ご挨拶

ご挨拶と施設が目指すものについて

施設長挨拶

   
    

    施設長 石井 克己

   

 美山苑は、昭和37年、老人福祉法が制定される前の養老施設から出発しています。

昔も今も、社会的に弱い立場の方々、養護が必要なご高齢の方々のための棲家として

多くの方々をお迎えしてまいりました。

 ご入居の皆様は、喜びも悲しみも、幾多の困難等人生を積み重ねてこられた方々で

す。心から敬意を表し、主体性をもって明るく心豊かに生活していただけるようお手

伝いさせていただきます。

多くの方々に愛される美山苑でありたい。

道のりは長いけれど、一歩ずつ確かなあゆみを重ね、

幸せを分かち合いたい。

だから、

“明日がたのしみ”


基本方針

   

  お一人おひとりの人生を尊び、その人らしく生きることを支えます

    

   

基本目標

   

 入居者が主体性をもって明るく心豊かに生活できる 施設を目指します。

 養護老人ホームに相応しく、健康に支えられた長寿を目標とします。

 入居者の生命と財産を守り、生活の場として安心できる施設を目指します。

 地域社会において信頼され必要とされる施設を目指します。

   
 
ページのトップへ戻る