施設の生活

美山苑での生活について

居 室

 全て1人部屋となります。22~23年度に改築工事を行い新しい建物が完成いたしました。 しかし定員110名の内78名が新館、32名が新館とは異なる福寿荘となっており、新入居者の方に は基本的に福寿荘をご案内しております。またご入居者の状況などにより、やむを得ず居室を変更していただく場合もございますのでご理解の ほど、よろしくお願いいたします。 また各部屋には全てナースコールを設置しておりますので、具合が悪くなった際にはボタンを押して ください。職員が対応に伺います。 ※ 電熱器類や暖房器具、アイロン、冷蔵庫などは居室内では使用できません。電熱器やオーブン、冷蔵庫は各棟の談話コーナーなどにあり、共同利用となります。詳しくは職員にお尋ねください。  
 

介護保険サービス

 基本的にはご自宅で生活している方と同様に、介護保険の在宅サービスを利用できます。その ためには介護認定調査を受けていただき、サービス利用の必要がある時は、外部のホームヘルプ事 業所や通所介護事業所などと契約をした上で、必要な身体介護・生活援助を受けたりデイサービ スなどに行く事ができます。援助内容は、ご本人と職員等と話し合い、契約を行った上で決めていき ます。介護保険制度を利用する場合、費用の1割を負担していただくことになります。(収入により 軽減措置があります)


食 事

 栄養士が栄養バランスを考慮し毎日の献立を作成し、手作りをモットーに嗜好や身体状況にも応じた季節感のある食事を提供しており、四季折々の行事食においては、現在、家庭においても失われつつある伝統的なメニューを取り入れております。 また、医師から治療食の指示がある場合には、(医師が書いた)食事箋に基づいた治療食も提供しております。  

健 康

 看護師が入居者の健康管理に務め、適切なアドバイスを行っております。また週1回、契約病院から嘱託医が来苑し入居者の診察を行う他、必要があれば外部の医療機関などにも通院することができます。月に1回、入居者向けの情報提供の場として、“健康講座”を実施し、看護師と栄養士による講習会を実施しております。また健康診断は年2回実施しております。


金銭管理

 基本的には自己管理をお願いしております。ただし、心身の状況等により自己管理ができない場合などはご本人の依頼により、苑でお預かりさせていただきます。また、お預かり額が多額になる場合はご本人に確認の上、ご家族に預かっていただくこともあります。(お預かりした通帳などの閲覧はいつでも受け付けております)


日 課

 日曜日・祝日を除く毎日、ラジオ体操などを行っております。また、入居される棟ごとにトイレや廊下、お風呂のお掃除の当番があり、お体の状態に合わせた生活を送っていただいております。年間計画に基づいた行事や定例会がありますが、ご参加の上、他の余暇時間はご自由にお過ごしください。


余暇活動

 趣味を生かした各種クラブや四季折々の行事を通し、充実した日々を送っていただきます。いずれ も興味がありましたらどうぞ見学してください。

 クラブ…舞踊・書道・カラオケ・ゲートボール・料理・詩吟・園芸・麻雀・すみれ
      ・散歩 レクリエーション・二胡
 行事…お花見・納涼祭・暑気払い・敬老の祝い・バザー・クリスマス・正月祝賀会等

“恒例の“梅もぎ”苑庭で採れた梅をジュースと梅干しに アゼリヤ会合同行事“納涼祭”
南棟屋上での“暑気払い” “お花見”舞踊クラブの発表
“餅つき”おそろいのはっぴを着て… “日帰り旅行”浅草にて

~集団生活のマナー~

 その他、集団生活を送るための最低限のマナーはお守りください。もし、他の入居者に対して著し い迷惑をかけている場合や、喧嘩、泥酔、暴力、脅迫、窃盗、金銭の貸借、その他あらゆるトラブ ル(公共の福祉に反すること)に対し、職員の注意があるにも関わらず、それを無視し反省や改善が 見られない場合には話し合いの上、退居という形を取らざるを得ないこともありますのでご理解下さい。


ページのトップへ戻る