施設のサービス

サービス内容

愛される施設作りをめざして


 長年住み慣れた地域の中で、容易に家族や知人とふれあることができ、生きがいを持って安全で快適な生活を送ることが、利用者や家族にとても心安らぐことと考えます。当施設は、このことを第一に考え、地域に根ざした地域福祉の拠点として、皆様が安心感を感じ、地域から愛される施設づくりをめざして参ります。   

介護

  
   ご入居者の意向・生活歴・嗜好・心身の状況等を把握し施設サービス計画書(ケアプラン)に沿って、食事・排泄・入浴・更衣・移動・体位変換などの必要な介護および毎日を心豊かに過ごすための生活支援を行います。

医務室


 医務では、心身に病気や障害を持ちながらも「生きがいのある日々安らかな生活」を求めている利用者に対し、日常生活の自立の援助、安心して安全に過ごせますよう、利用者個々の健康状態の把握をし、生活の質の向上に努めています。   

食事

  
    第一においしく口から食べていただくことを目指しています。そのために管理栄養士のもと、栄養バランスのとれた食事を提供いたします。提供にあたっては、お客様の身体状況や嗜好に配慮したものを心がけ、治療食、代替食、補食の対応も行っています。左図の写真は敬老式典の際のお祝膳です。

リハビリ


ご利用者の要望を尊重した上で、身体的機能評価に基づき、専門的見地から個別計画を作成し、関係する各職種の連携の下で行います。  

年間行事・クラブ活動

  
    年間を通して、季節感のあるものを取り入れた行事、趣味・生きがい活動や、地域行事への参加により、地域との交流を行っています。夏のメインイベントの納涼祭や、プロの音楽家によるミニコンサート、また利用者の方々に実際餅をついてもらう餅つき大会など、普段外出できない利用者に少しでも身近で体験していただき、生きがいを持っていただくよう、さまざまな行事を実施しています。
クラブ活動 :書道・手芸・華道・音楽・お化粧
月間行事 :映画会(スクリーンに投影しご鑑賞いただきます。)
主な年間行事 :お正月行事(1月)・お花見(4月)・納涼祭(7月)
 ・敬老式典(9月)・焼き芋大会(家族会主催10月)
 ・餅つき大会(12月)・風船バレーボール大会等

職員体制

施設長、介護支援専門員、生活相談員、介護職員、看護職員
機能訓練指導員、管理栄養士、調理員、事務員、嘱託医師、その他
 曙託医として内科医週2回、精神科医月2回、職員配置については、介護保険上の職員配置基準以上を配置しています。

個人情報の取り扱いについて


個人情報の基本方針
個人情報の利用目的

ページのトップへ戻る