ご挨拶・目指すもの

ご挨拶と施設が目指すものについて

施設長挨拶

   

<準備中>


施設長 富澤 達也
   

    利用者支援では自立支援に力を入れ、生活の質の向上を図ることはもとより

   支援する職員の働く環境についてもしっかりと整え、働き甲斐が持てる職場に

   することがとても大切だと感じております。

    これまで以上に「生き生きと活気のある施設」となることを思い描きながら

   優仁ホームの運営理念である「一人ひとりが主人公」をめざし

   利用者の皆さんが主体性を持って明るく心豊かに生活していただけるよう

   努めてまいります。

   今後とも、皆様の温かいご協力とご指導をよろしくお願い申し上げます。

   

運営理念

   

 優仁ホームは、施設利用者の生活と権利を守り保証していくために、以下の運
     営理念を定めています。

   1. 利用者は、基本的人権として、生活権、労働権、教育権等憲法に定められた理
      念に基づく権利を保障されます。

   2. 職員は、利用者との意思の疎通が常に円滑であるよう努力します。

   3. 職員は、利用者の自覚的発達に協力してまいります。

   4. 利用者の集団生活と各個人の生活は、それぞれ尊重されます。

   5. 利用者支援の向上のために、活用できる諸制度、諸機関を積極的に利用して
      まいります。

      すべての支援業務は、上記運営理念を基本にして方針が出され、施設の持つ
     機能を十分生かすような具体的計画と実践を行わなければなりません。

      その障碍のために、常に介助や援助を受ける側の利用者という考え方ではな
     く、個々の利用者自身の人生として生きがいを見出し、充足感、安定感が得ら
     れるような支援を目指します。

      職員は、上記の考え方に加えて利用者の高齢化、重度化等の実態を踏まえ、
     これらに対応できるよう資質の向上と誠実真摯な態度で業務にあたる努力を続
     けてまいります。

   
   

基本方針

   

 何らかの障碍があるために、地域社会で生活を送ることの困難な人々に

    生活の場を提供し、生きがいや生活の充足感・安心感を得られるよう支援す

    ることを目的としています。また、ご本人の希望により、地域生活移行のため

    の支援を行います。運営にあたっては、個人の尊厳を重んじ、その尊厳にふ

    さわしいサービスを提供することを第一としています。また、利用者、職員

    全体の信頼関係を大切にした運営を心がけています。