優仁ホームの事業 4本の柱

救護施設である当施設では、入所事業を中心に4つの事業を行っています。一人ひとりの自己実現や自立に向けた支援を行い、個々のレベルに応じた、その人らしい生活の実現を目的に以下の4つの事業を連動させ展開しています。入所(作業訓練含む)から退所、また、退所後の支援(アフターフォロー)など、最善の生活を利用者と共に考え支援いたします。

入所事業

   

 原則として生活保護を受けており、何らかの障がいがあり

   日常生活が困難な方が入所され、健康で安心した生活を送っています。

   定員は100名で若い方から高齢の方まで様々です。

   職員は利用者の希望・要望も聞きながら、利用者と職員が一緒になって

   「個別支援計画」を作成の上、基本的な生活支援のほか、自立に向けた

   支援を行います。一人ひとりの抱える問題を共に考え、その人らしい

   生活の実現に向けて、その人の「持っている能力・できる力」に着目し      

   生きがいを持てるようお手伝いします。

居宅生活訓練事業

 地域のアパートで一人暮らしを希望している入所者が

   将来、地域社会の中で健康で安心して暮らしていくための訓練です。

   施設で借りているアパート(施設外)で、一人暮らしを体験しながら

   生活訓練を行います。

   居宅生活訓練では土日を除く毎日施設に通い、職員と日々の状況(健康・食事・

   金銭管理・買い物など)を確認し、施設内作業に参加することで生活リズムを整えます。

   一定期間の訓練を経てアパート生活が可能となったら、退所後のアパートを

   職員と一緒に探し、具体的な退所後の生活を調え施設を退所することになります。

   そこからが本当の一人暮らしのスタートとなります。

   対象者:優仁ホームに入所中の方
        (居宅生活訓練中は優仁ホームの在籍となります)
   期間は最長2年間です。
   途中で継続が難しくなったときは、優仁ホームに戻ることができます。
   <訓練内容> 自立生活(アパート生活)に必要な訓練全般
   ・日常生活訓練(食事・洗濯・掃除・必要なお金の使い方・
             生活リズムを整えるなど)
   ・社会生活訓練(交通機関の利用・通院・買い物・対人関係の構築など)
   ・その他(服薬・ゴミの分別・戸締り、火の元確認、休みの過ごし方など)
    

保護施設通所事業

 優仁ホームを退所してアパートの一人暮らしを始めた方が、継続して安心した

   生活を送ることができるように3つのサービス(通所・訪問・電話相談など)を行います。

   対象者:福祉事務所から当事業が必要と判断された方
   通所:優仁ホームに通い、居宅生活訓練と同じく職員と日々の状況(健康・
       食事・金銭管理・買い物・就労指導など)を確認し、施設内作業に
       参加することで生活リズムを整えます。
   訪問:職員がその方のアパートを訪問し、生活上必要な指導を行うほか、
       通院付き添い、薬や金銭管理の支援を行います。
   電話相談:日常的な相談、関係機関の連絡調整などを行います。
   費用:食事などの実費は自己負担となります。
   備考:定期的な懇談会、施設行事の参加

一時入所事業

 地域生活をしている方が健康上の問題や生活上の課題などがある場合、

   優仁ホームに短期間入所できる事業です。

   そのほか施設入所を希望している方の短期入所体験や、DV被害者などの保護など

    

   緊急一時入所も行っています。

   利用期間:原則7日を限度とし、福祉事務所の許可がある場合、
         1か月間まで延長可。
   利用料:1日2,000円 ※1泊2日で4000円
        ※そのほか、生活保護の状況や諸条件により変動あり