ご挨拶

社会福祉法人アゼリヤ会は、江東区木場にあるアゼリヤ保育園を母体にして、昭和37年2月に法人発足し、江東区の塩崎荘内に老人ホーム、救護施設を立ち上げ、順次両施設を八王子市に移転し現在の姿の原型を整えました。草創期より「社会的に弱い立場の人の側に立った支援」を経営理念の根底に据えた活動をしてまいりました。

現在は八王子市において、高齢者福祉(特別養護老人ホーム、養護老人ホーム、老人デイサービスセンター、居宅介護支援事業所)、生活保護施設である救護施設また新宿区においては、特別養護老人ホーム、老人デイサービスセンター、地域包括支援センター、さらには原点である江東区では保育園(通常保育の他、一時預かり、地域子育て支援など)の事業を展開しています。当初は入所施設の事業が中心でしたが、現在は特養のショートステイや在宅サービスセンター等、地域に住んでおられる人々のニーズに応えるため積極的な役割を担っていくことを目指しています。

社会福祉法人 アゼリヤ会 理事長 稲垣 瑞恵